国内線の利用時は格安航空券かスカイマークを利用することになりました

役員含め最安値の交通費を選択することがビジネスモデル

当然これは会社全体でしなければ意味がないということも言われていました。
何しろこのお金は純粋に収益を圧迫するわけですから、移動にそれだけの価値が無ければ意味がありません。
五千円と五万円の移動費がかかる時に、到着時間も同じで利便性も同じで安全性も似たようなものとなれば、快適性で五万円を選ぶなどビジネスではあり得ないことだといっていいでしょう。
単に個人の快適性だけを求めるようなことは仕事ではあってはならないことです。
仕事で十分に使えるということは、これまでの自分たちの実績で示されていますから、後は役員たちが自分たちの我が儘の為にこうしたことを認めるのかということだけが問題となっていたのですが、幸いにも我が社は出来てから20年ぐらいと浅いので、古臭い考え方をする役員が少ないということがあり、なんとか今の決定になったようです。
これで自分たちもちょっと安心しました。
これで役員たちは除外とするようなことになれば、示しがつきません。
経費削減を何度も連呼している当の本人たちが最も経費削減をしていないわけですから、それで本気で経費削減が出来るはずがありません。
全ての言葉に信用が無くなってしまうということになるでしょう。
当然会社の経営も傾くことになるでしょう。

会社で交通費削減が求めらる | 役員含め最安値の交通費を選択することがビジネスモデル | 出張時に使用する飛行機は格安航空で

スカイマーク : 格安航空券なら